旅行保険探し

保険会社の社員

旅行は大別して、国内旅行と海外旅行に分けられる。
それぞれについて、旅行損害保険の必要性を見ていく。
まず国内では、例え滞在先で病気に罹ったとしても日本中どこでも健康保険を適用した医療が受けられる。
一方、海外では、日本の健康保険証は何の効力も無いので、病気で現地の医療機関で治療を受ければ、高額の支出が必要となる。
そして、費用だけの話ではない。
海外では、国にもよるが、医療レベルに不安があるし、言葉が通じないと症状を上手く伝えることもできない。
保険に加入すると、国毎に設定された指定医療機関を利用することができ、通訳が付くところも多いので安心だ。
こうして見ると、海外へ出かける時の必要性が大きいと言える。

インターネットの比較・ランキングサイトで調べれば分かるが、どこの損害保険会社の商品も似たり寄ったりというのが実状だ。
死亡・後遺障害・治療・救援・賠償責任・携行品損害が主な補償内容となっている。
航空機遅延時の損害補償などもオプション設定されている場合がある。
選ぶ際は、単にそれら保障の上限金額を見るのではなく、事が起こった時のサポート体制や現地でキャッシュレス治療を受けられるか、そういった点により注目したい。
また、各保険会社サービスの口コミ評価をインターネットで調べるのも有効な手段と言える。
最後に、旅行会社を経由する場合は、彼ら「特別補償規定」も適用されるので、そちらも合わせて検討すべきといえる。